最近の一般的な洋風トイレ便器の寿命は、およそ7年から10年だといわれていることをご存知でしょうか。
暖房便座がついていたり、シャワー式トイレだったりすると、どうしても可動する部分や発熱している部分から劣化が見られるようになるのです。
またトイレの掃除をこまめにしていても、日々何度も使う場所だけに臭いや汚れも段々に定着してしまいます。
そして10年も月日が経っていれば、昔より進化したエコ商品も売り出されているに違いありません。

トイレが壊れたのをチャンスと捉えました

巷には、暖房便座に常時通電していないタイプや、少ない流し水で上手に排泄物の処理をしてくれるタイプなど、さまざまなエコトイレがお目見えしています。
そして水回りの商品を展示しているショールームをのぞけば、綺麗でエコなトイレの誘惑が待っているといっても過言ではありません。
けれども、そんな垂涎のエコトイレが目の前にあったとしても、まだまだ使える自宅のトイレのことを思い、自分の懐具合のことも考え合わせるとなかなか手を出せないのが本音でしょう。
ところがそんなある日、思いも掛けず自宅のトイレに不具合が起きてしまったのです。
トイレ無しには近代的な生活は成り立たないといっても、決して大袈裟なことではありません。
そこでまずはトイレ修理を依頼して修理費用の見積もりを出してもらい、新品のトイレと交換した場合とどちらにお得感があるか検証してみました。
つまりトイレが壊れたことは想定外の痛手だったのですが、それをチャンスと捉えたところ、新たなエコトイレ生活への扉が開かれることになったのです。

節水できるトイレに取り替えることに

実は、この度のトイレの故障は数万円する部品の取り替えをおこなえば、原状回復程度の修理は可能だったのです。
しかし長年使い続けているトイレであることで分解した部分の汚れを見たり、今後は別の場所などが壊れても修理の部品がなくなってしまう可能性についても考え合わせると数万円の修理費用に二の足を踏みました。
また、日々のエコ生活を推奨している身としては、今流行りの節水トイレに取り替えることは抗いがたい魅力だと感じました。
そこで、従来のトイレの使用頻度や水のおよその使用量などを計算しました。
そして新たに節水トイレを設置した場合の料金や、節水でどれだけ水道料が浮くかを両天秤に掛けたのです。
結果は、これからいつ壊れるかと怯えながら古いトイレを修理して使い続けるよりは、思い切って新しい節水トイレに交換してしまったほうが数年で元が取れることがわかりました。
驚きの結果ですが、またひとつエコな生活グッズを手に入れることとなったわけなのです。