高校教師をしていて自分自身が結婚していれば、生徒たちの多くはやがて結婚するのだろうと想像することができます。
先生も高校時代の時には、将来のことが楽しみでもあり不安でもある複雑な気分ですが、実際大人になって結婚してみると思ったよりも人生は悪くないと考えることができるでしょう。
結婚前には必ずプロポーズをしますが、男性側は緊張してうまくいかなかったらどうしようと思うかもしれませんが、結婚指輪やダイヤモンドネックレスなどをプレゼントすれば相手も喜んでよい返事をくれる可能性が高くなるでしょう。

奥さんは看護師という理由で納得!

教え子がプロポーズをした場合、先生に報告しにくる子もいます。
久しぶりに会うといつの間にか大人になっており、思わず顔がにやけてしまうかもしれません。
そして他人の子供ですので、少し会わないだけであっという間に成長してしまうものです。
特に高校生の時から10年も経過するとあっても誰だかわからないぐらい顔が変わってしまいます。
教え子がプロポーズをするときには、ダイヤモンドネックレスを彼女に渡したと教えてくれますが、どうやらその彼女は看護士をしており少し派手なものが好きなようです。
仕事上の話しとは違いますが、やはり生徒が良い報告をしてくれるのはうれしいもので、少なからず自分もその生徒とかかわることができたことに喜びを感じます。
もちろん中には結婚をしない生徒もいますが、その生徒がそれを選んだならばそれをよしとしましょう。
一人は様々な生き方がありますので、それぞれ自分に合った生き方を見つけてくれればよいと考えます。

サイトPR
一粒ダイヤモンドネックレス・ピアスなどのジュエリー通販サイト「エメットジュエリー」
https://www.aemtjewelry.com/

元教え子の結婚報告は嬉しいもの

教え子が結婚報告に来るのは、やはり先生としてはうれしいものです。
ただ、先生によっても感じ方は人それぞれかもしれません。
例えば奥さんとケンカばかりをしている先生は、教え子の結婚を報告を聞いたとしてもあまりピンとこないでしょう。
むしろ結婚なんかしない方がよいとアドバイスしてしまうかもしれませんが、それは少しやり過ぎです。
逆に、自分はまだ結婚相手もおらず結婚したいけども結婚できない先生の場合は、教え子に先を越されたと思い悔しい思いをするかもしれません。
このように、教え子の結婚報告は人によって解釈の仕方が異なるため、先生によっては喜ぶ人と顔が引きつる人がいるかもしれませんが、結婚している先生に対してはその報告をした方がよいでしょう。
ダイヤモンドネックレスとなると、かなり金額も高くなりますが、元教え子もしっかりとお金を稼げることがわかります。
それほど価値のあるものを渡してまで結婚したい相手がいるならば、幸せになってほしいと思うのが親ならぬ先生の気持ちです。