環境問題に関心があり微力ながらも少しずつ環境のために活動をしているのですが、視覚的に環境問題を訴えるために東京の絵画教室に通ってみようかなと考えるようになりました。
自分には絵心がなくて何かを絵にして表現をするということができませんから、一度教室で勉強をしてみるのも悪くないと考えたのです。
そして、絵画教室に通うようになって閃いたことがキャンバスや画材もエコに配慮をしたものを使うことで、環境問題を取り上げていこうということでした。

エコに配慮した画材を使います

環境問題に対して取り組みをしている自分としては、絵画を行ってそれが結果的に環境破壊に繋がっては意味がありませんので、絵画をするにしてもエコに配慮をした画材を選んでみようと思いました。
自分一人がエコなものを使ってみたところで、どれだけ環境に優しいのかというと全く影響がないレベルかもしれませんが、一人がこのようなことに気を使うことで、他の人が真似をしてくれてそれがどんどん広がっていけば、最終的には環境問題改善に役立つのではないでしょうか。
環境問題というのはほんの小さなことから少しずつ改善をすることができるものでもありますから、絵を描くと言うだけでなくその画材にもこだわっていきたいです。
絵を通じて環境問題を訴えていきたいという思いもあるわけですから、環境に悪い画材を使って絵を描いて訴えてもそれはエゴにしかなりませんので、画材はしっかり選ぶべきです。
そこまで堅苦しく考えているわけではありませんが、できるかぎり環境にやさしいものを使っていけたら良いですね。

絵画教室で取り入れてもらいましょう

調べてみると画材に関してもエコで、環境にやさしいものが多いことがわかり安心しました。
価格的にも普通のものとそれほど変わるものではありませんから、使うのであればこのようなエコなものを使っていきたいところです。
個人的には使うものが決まりましたから問題はないのですが、どうせだったら絵画教室でも取り入れてもらうことができたら嬉しいので、進言してみようと考えています。
もちろん、無理やり意見を押し通すようなことをするつもりはなく、教室にも事情があることでしょうから駄目なら駄目で自分だけ使うつもりですが、取り入れてくれるなら嬉しいなと考えています。
環境問題に取り組む上で一番大事なことは自分の意見を無理強いさせるのは行けないと言う考えを持っていて、どれだけ理想が素晴らしくてもそれを押し付けられてしまうと反発をしたくなりますからそれだけは気をつけています。
ですから、あくまでも教室に迷惑がかからない程度にエコな画材に切り替えてもらうよう交渉していきたいです。


東京で評判の良い絵画教室はこちら
新宿駅からすぐ!通いやすい立地のメッツ絵画教室