突然の水道漏れで困った経験がある人は少なくありません。
マンションの場合、水漏れを放置していると下の階の人にも迷惑がかかってしまうことがあります。
ですから、早急に修理する必要があるのです。
水漏れを発見した場合、多くの人は水道屋などプロの専門家に依頼します。
しかし、水漏れの状態によっては、DIYで元通りにできるケースもあります。
DIYに必要な道具は、ホームセンターなどで簡単に手に入るので、道具を準備して自分で水道漏れの修理を試してみる人も多いです。

DIY費用は水道漏れの修理料金より安上がり

水道漏れの修理料金は、修理をする会社にもよりますが高額になることもあります。
DIYであれば、かなり安い費用で済みます。
水道の故障で多いのが、蛇口からの水漏れです。
蛇口の水漏れは、パッキンやコマを交換するだけで直せるケースがほとんどです。
作業に必要な主な道具は、水栓修理用のレンチセット、ウォーターポンプフライヤー、水栓取外しレンチです。
作業前には、メーターボックス内の止水栓を閉めておきます。
ハンドルを閉めても水が漏れる場合、コマが傷んでいることが多いです。
そのため、コマか水栓パッキンを取替えます。
パッキンは、水栓サイズが2種類あるので、合うものを選びます。
カバーナットを取外し、ハンドルをゆるめて水栓の上部を取り外します。コマを出して取替えてから、水栓上部を取り付けます。
カバーナットを締めすぎるとハンドルが固くなってしまうので注意が必要です。
作業後には、止水栓を開いてみて、水漏れがないかを確かめます。

クオリティを求めるならプロに頼んだほうがいいかも

ハンドル下のナットから水が漏れる場合は、水栓ハンドル内のパッキンが傷んでいるので、新しい製品に取替えます。
ハンドル上のビスを取り外したら、ハンドルを取外し、カバーナットをゆるめて水栓ハンドル内のパッキンを取替えてハンドルを元に戻します。
パイプの根元から水が漏れる場合は、パッキンの傷みやナットのゆるみが原因なので、パッキンが傷んでいる場合は、新しいものと取替えて、ナットがゆるんでいる場合は、ナットを締め付けておきます。
取付部分から水が漏れる場合は、水栓がねじ込まれている部分を、シールテープを使って補修しておきます。
水道漏れの修理は、素人でも応急処置はできます。
水道の修理方法を覚えておくと、突然の水漏れにも対処することができるというメリットがあります。
ただ、修理をしたものの大丈夫か心配だったり、クオリティを求める場合は、プロの修理業者に依頼するのがベストです。
経験豊富なプロの修理業者であれば、レベルの高い仕事をしてくれます。


水漏れを発見した際は専門業者に依頼
住まいる水道サポートさんの水道水漏れの修理料金に関して